Meet The Growing Community of Ultralight Hiking in Japan – 成長し続ける日本のウルトラライト・ハイキングのコミュニティ。

Our Blog
Korrin Bishop | Jan 03, 2020

Our hiker community here in the United States may be surprised to hear that Gossamer Gear has, in fact, been selling gear in Japan for the past decade. This is through our partnership with Mr. Ultralight Japan—also known as Tomo—owner of the Hiker’s Depot in Mitaka-shi, Tokyo, which stocks Gossamer Gear for local sale. This past fall, Gossamer Gear’s founder, Glen Van Peski, and president, Grant Sible, headed over to Japan to talk more about ultralight hiking in Japan with a growing group of local outdoor enthusiasts.

アメリカのハイカー・コミュニティからすると驚きかもしれないが、実は日本でも10年前からゴッサマーギアの商品が販売されている。「日本のミスター・ウルトラライト」と呼ばれるTomo(土屋智哉さん)がオーナーの、東京は三鷹のアウトドアショップ「Hiker’s Depot(ハイカーズ・デポ)」で、ゴッサマーギアの商品が展開されており、日本のハイカーたちの手元に届けられているのだ。2019年秋、ゴッサマーギアの創始者グレン・ヴァンペスキと社長グラント・サイブルは日本を訪れ、増え続ける地元のアウトドア好きの仲間たちと、日本のウルトラライト・ハイキングについて語り合ってきた。

Gossamer Gear Joins a Community of Local Hikers to Talk Ultralight Hiking in Japan

Gossamer Gear’s trip to Japan began by traveling to Fukui to join a three-day ultralight hiking event there organized by Misato Amaya, founder of Satoyama WORKS. That Friday evening, about 40 people gathered in a traditional event space and enjoyed dinner provided by one of the local hikers.

“While we’ve shared our gear before in Tokyo, this was a great chance to show it in a new area of Japan and broaden our audience with the hiking community there,” Grant commented.

The itinerary for Friday evening included a gear presentation by Grant, showing off some of Gossamer Gear’s upcoming daypacks, such as the Vagabond Collection. Next, Tomo and fellow Japanese hiker, Loon, who has completed the Appalachian Trail, one of the Triple Crown trails of long distance hiking, gave a presentation on what thru-hiking in the United States looks like and how to navigate that world.

While Grant and Glen headed back to their hotel after the event, several hikers stayed and slept at the event center, bringing out the sake and talking late into the night.

地元ハイカーのコミュニティと交わり

日本のウルトラライト・ハイキングについて語り合った

ゴッサマーギア

ゴッサマーギアの日本への旅は、福井県から始まった。3日間に及ぶウルトラライト・ハイキングのイベントが、「サトヤマWORKS」支援のもと、天谷美怜さん主催で開催され、そちらに参加。初日の金曜日の夜には40名もの参加者が、会場となった古民家に集い、地元ハイカーお手製による夕食を一緒に楽しんだ。

「今までは東京でゴッサマーギアを紹介してきたが、今回はこのような、日本の新たな地域で、我々のギアを見て頂く機会を頂き、地元ハイカー・コミュニティと幅広くつながることができた」と社長のグラント・サイブルがコメント。

金曜日夜のイベントでは、グラントによるギア紹介や、新商品の(日本では2020年1月発売)デイ・パック「ヴァガボンド シリーズ」等のお披露目も。さらにはHiker’s Depotの土屋さんと、その仲間であり、アメリカの三大トレイルのうちの一つ、アパラチアン・トレイルをスルーハイクした勝俣隆さんによる、アメリカのロング・ディスタンス・ハイキングの雰囲気や、その歩き方についてのプレゼンテーションが行われた。

初日のイベントが終了しグラントとグレンが宿に戻った後も、数名のハイカーたちはその場に残り、酒を酌み交わし熱く語り合うなどして、会場で寝泊まりしたという。

Hitting the Trail with the Ultralight Hiking Community in Japan

“Saturday morning there was a hike up a local mountain, attended by some of the people from the night before,” Glen described. “We hiked up to the top, and then it started raining for the hike back down. After the hike, we had some down time, then we went over to a city park that evening that the group had convinced the city to let us sleep in.”

In this park, Glen gave a short “What’s in My Pack” demo and set up his shelter before the group prepared an amazing dinner, complete with post-dinner sake, of course. One of the attendees put up a sauna tent, essentially a wood stove inside of a shelter. Those not in the sauna tent had a little hibachi-style campfire to cluster around.

On the foggy Sunday morning that followed, Glen did a demo of his Esbit cooking system before everyone packed and cleaned up, visited a local temple, and then caught the train back to Tokyo. In Tokyo, he had the opportunity to interview with Trails Magazine and then join their team for a party in their workspace, the “Innovation Garage.”

地元のウルトラライト・ハイキング・コミュニティと共に

いざトレイルへ

「2日目の土曜日の朝は、前の晩のイベント参加者たち数名も合流して、地元の山を登ってきた」とグレンは語る。「頂上まで登ったのだけど、帰りに雨が降ってきてしまって。登山後に少し休憩をしてから、市営公園に向かった。その日の晩に幕営ができるように、市と交渉して事前に許可を取っておいてくれたんだ」

この公園でグレンは、“バッグパックの中身チェック”を披露し、シェルターも設置して見せた。ハイカーたちお手製の美味しい夕飯を頂いたあとは、もちろん食後のお楽しみのお酒タイム。参加者の一人が、シェルター内にウッドストーブを設置して、テントサウナを設営。そこに入りきれなかったメンバーは、火鉢のように作られた焚き火の周りを囲んでいた。

3日目の霧に包まれた日曜日の朝、曇り空のもとでグレンはエスビットのクックセットを使ってデモを披露。その場の掃除とパッキング終了後、近隣の永平寺へ向かった。永平寺での時間を堪能したあとは、新幹線に乗って帰京した。東京に戻ると、今度はウェブマガジン「Trails(トレイルズ)」の取材に応じることに。取材終了後には「イノベーション・ガレージ」という、オフィスの一角に設けられたスペースでスタッフとアフターパーティーに参加した。

Joining the Growing Movement of Ultralight Hiking in Japan

Events like these create a certain magic. While people may live all around the world in different environments and cultures, a shared love of the outdoors sure helps the world feel a little smaller. Gossamer Gear will be heading to Japan again in the spring to continue being a part of this ultralight hiking community in Japan. We’ll be hosting a similar event near the Michinoku Coastal Trail Visitor Center, Japan’s new long-distance hiking trail.

In the coming months, we’re also planning to increase our international direct-to-consumer sales, launching new Gossamer Gear websites in different languages. Our headquarters in Austin, Texas may be over 6,660 miles away from the event Grant and Glen joined in Fukui, Japan, but we know folks who have clocked more miles on foot than that. Being a part of this international ultralight hiking movement shows just how connected our interpersonal trails systems really are.

ますます広がりを見せる日本のウルトラライト・ハイキングのムーブメントに携わるということ

このようなイベントでは魔法のような効果を生み出すものだ。この広い世の中で、異なった環境や文化のもとに暮らしていても、アウトドアや自然が好きというだけで、世界はちょっぴり小さく感じられるのだから。ゴッサマーギアは来春にも来日する。そして、今後も日本のウルトラライト・ハイキングのコミュニティに関わっていく。次回は、日本で新たに誕生したロング・ディスタンス・トレイル「みちのく潮風トレイル」のビジターセンター近くで、今回の内容に近いイベントを、ゴッサマーギアが主催する予定だ。

さらに今後は海外向けオンラインショップ(直販)にも力を入れていき、多言語対応のゴッサマーギアのウェブサイトを公開予定。米国テキサス州オースティンに本社を構えるゴッサマーギア。グラントやグレンがイベントに参加した福井県からは6,660マイル(約1万710km)も離れているが、それより長い距離を踏破したハイカーだっている。海外のウルトラライト・ハイキング・ムーブメントに携わるということ、それはいかに人と人との間にある“トレイル”が結びついているかというこをと感じられる体験となる。

Author Bio

Korrin Bishop is the Managing Editor for the Gossamer Gear blog, Light Feet. She's also the co-founder of Wild Wilderness Women, a freelance writer, Oregon Duck, and group hug enthusiast. She grew up amongst redwoods, has a deep love for Everglades adventures, and was once a Washington, D.C. local before fleeing for more open spaces. Korrin has written for the National Park Service, Sierra Magazine, Fodor's Travel, The Dyrt, and Misadventures Magazine, among others. Learn more about her work on her website: https://www.korrinbishop.com/